特集

  1. FEATURE.58
    「田中家住宅」
阿波の藍商人の隆盛を今に伝える
    「田中家住宅」 阿波の藍商人の隆盛を今に伝える
    田中家住宅は吉野川の南岸、石井町の平野部に位置する藍商の家。 寛永(1624〜1643)頃に入植して以来、代々、藍染の原料になるスクモや藍玉を製造販売していたそう。 しかし、毎年の吉野川の氾濫で被害を受けるため(以前の家は二度流されたそう)、1853年から1887年まで30年以上の歳月を費やして、洪水被害に強い藍商の建物を完成させました。

    続きを読む

  2. FEATURE.57
    瞑想の先に訪れる静寂
建治寺の滝行
    瞑想の先に訪れる静寂 建治寺の滝行
    徳島市入田町にある大瀧山建治寺は四国八十八ヶ所霊場12番札所の焼山寺から 13番の大日寺に向かう遍路道の途中にあります。 舗装された道路を使う遍路道もありますが、登山道になっている建治寺を通るルートは より自然と歴史を感じることができます。 その際には、建治寺に立ち寄って滝行を体験することをオススメします。

    続きを読む

  3. FEATURE.56
    釣り、BBQ、読書。それとも仕事?
何でもありの筏釣り
    釣り、BBQ、読書。それとも仕事? 何でもありの筏釣り
    鳴門市ウチノ海は、波が穏やかでうねりが少ないため釣り用の筏が150艘近く係留されています。約50年前の真珠養殖が盛んな頃、養殖用筏に釣り人を乗せたのが起源だそう。 栄養たっぷりのウチノ海は魚の種類が豊富で、一年中釣りを楽しめます。 また、釣りだけではなく、BBQや読書など、ゆったりした時間を過ごすのもオススメです。

    続きを読む

  4. FEATURE.55
    幻の果実「ゆこう」がなる町
    幻の果実「ゆこう」がなる町
    徳島県はすだち・柚子など柑橘類の生産地として有名ですが、 「ゆこう」という柑橘があるのはご存知ですか? 生産量が少なく、幻の果実と言われていますが 1981年の大寒波で樹園地面積が大幅に減少したのち、 地道な普及活動で徐々に生産量を増やしてきています。 香りが爽やかで酸味が抑えめな「ゆこう」は ポン酢の味付けなどで静かな人気を得始めています。

    続きを読む

  5. FEATURE.54
    徳島駅前 朝カフェから始まる一日
    徳島駅前 朝カフェから始まる一日
    徳島県は言わずと知れた珈琲文化が浸透した街。 徳島駅前に宿泊した際は、ホテルでゆっくり朝食も良いですが、 街に出て少し歩けば、個性的で魅力溢れるカフェが存在します。 一日の始まりを挽きたてのコーヒーと 美味しいモーニングでスタートするのはいかがでしょうか

    続きを読む

  6. FEATURE.53
    神山の休日
100円バスで行く、週末ショートトリップ
    神山の休日 100円バスで行く、週末ショートトリップ
    2021年1月3日までの土日祝に神山町内で乗降車する場合、徳島バスの乗車運賃が通常980円(徳島駅-神山温泉の場合)のところ、なんと100円になるんです! さっそく徳島駅からバスに乗って神山に向かいました。

    続きを読む

  7. FEATURE.52
    藍よしのがわトロッコ 
~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅
    藍よしのがわトロッコ  ~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅
    JR四国の新たなトロッコ列車、「藍よしのがわトロッコ」。 吉野川が育んだ「さとめぐみの風」を感じる列車の旅に出発します。

    続きを読む

  8. FEATURE.51
    ぶらっと徒歩で行く鳴門大麻散策
    ぶらっと徒歩で行く鳴門大麻散策
    徒歩で行くから楽しめる。 駅から徒歩10分圏内でも楽しめる。

    続きを読む

  9. FEATURE.50
    フィルムツーリズム~映画でまちづくり
    フィルムツーリズム~映画でまちづくり
    ロケ地巡り・聖地巡礼で地域を活性化。 映画の舞台になることが町おこしに繋がる可能性を秘めています。

    続きを読む

  10. FEATURE.49
    藍づくりで賑わった
阿波藍のふるさと石井町を訪ねる
    藍づくりで賑わった 阿波藍のふるさと石井町を訪ねる
    吉野川流域にある石井町は「藍」で栄えた町のひとつ。 当時の華やぎをうかがわせる立派な藍屋敷が現在も残っています。 今回は田園風景広がる石井町を探訪しながら、「藍」の歴史と今に触れていきます。

    続きを読む