特集

  1. FEATURE.43
    地元女性経営者おススメスポット6選
    地元女性経営者おススメスポット6選
     徳島市の各業界の女性経営者が参画する「阿波女あきんど塾」の構成メンバーが、 “普段の生活とは懸け離れた場所で、非現実的な時間を送る。”そんな大人女子の為に、本当におススメするご当地穴場スポットをご紹介いたします。

    続きを読む

  2. FEATURE.42
    豊かな自然と人が育んだ
今も続く阿波の歴史・文化
    豊かな自然と人が育んだ 今も続く阿波の歴史・文化
    日本遺産にも認定され、ジャパンブルーとしてもその存在が注目されつつある藍染め。第一次世界大戦以来ゆかりのあるドイツとの交流の記録を展示したドイツ館…など、これまでイーストとくしま観光推進機構のWEBサイト内で取り上げた記事から、徳島で紡がれてきた歴史と、そこで暮らす人々によってつくりあげられた徳島独自の伝統文化を紹介します。

    続きを読む

  3. FEATURE.41
    徳島に来たならトライしたい!
わくわくアクティビティ
    徳島に来たならトライしたい! わくわくアクティビティ
    徳島を余すことなく楽しみたいなら、五感を刺激するアクティビティを体験するのが一番!鳴門の渦潮を船上から眺めたり、三大奇勝でスリル満点のハイキングをしたり。自転車で田園風景を巡るポタリングツアーでは、地域住民との交流も。大人も子どもも楽しめる体験プログラムを、これまでイーストとくしま観光推進機構のWEBサイト内で取り上げた記事から紹介します。

    続きを読む

  4. FEATURE.40
    鳴門鯛から“食べる藍”まで!
徳島東部圏域グルメ
    鳴門鯛から“食べる藍”まで! 徳島東部圏域グルメ
    鳴門の渦潮に揉まれて育った鳴門鯛や小松島市の漁港で水揚げされるぴちぴちのシラス。阿波美豚などの上質なブランド肉や、桃やみかんなどのフルーツ、はたまた染料として名高い藍を食用に加工した藍フードまで、徳島県は食の宝庫! これまでイーストとくしま観光推進機構のWEBサイト内で取り上げた記事から、「徳島に来るなら知っておきたい!」グルメ情報をピックアップしました。

    続きを読む

  5. FEATURE.39
    240年以上の歴史を持つ伝統工芸品 
“大谷焼”の里でとっておきの器探しへ
    240年以上の歴史を持つ伝統工芸品 “大谷焼”の里でとっておきの器探しへ
    約240年の歴史を誇る徳島の伝統工芸品・大谷焼(おおたにやき)。 土の風合いを活かし、光沢をもちながらも素朴で力強いのが特徴です。 水がめやスイレン鉢など大きな陶器が有名ですが、最近ではマグカップや花瓶などの生活雑貨から個性的な芸術品まで、次世代による新たな作品づくりにも注目が集まっています。 今回は、そんな大谷焼の窯元が集う“大谷焼の里”を訪れました。

    続きを読む

  6. FEATURE.38
    大迫力の絶景にわくわく♪
世界最大級の“鳴門の渦潮”
    大迫力の絶景にわくわく♪ 世界最大級の“鳴門の渦潮”
    徳島で観光するなら外せないのが”鳴門の渦潮”。瀬戸内海と紀伊水道の干満の差によって発生する自然現象で、その流れの速さは大潮の最大時には時速20km以上にも及ぶこともあるのだとか。世界三大潮流とも呼ばれるほどの大迫力の景色を、船の上から、橋の上から…などさまざまな形で満喫してみよう。

    続きを読む

  7. FEATURE.37
    「第九」アジア初演の歴史とともに...
ドイツゆかりの地めぐり
    「第九」アジア初演の歴史とともに... ドイツゆかりの地めぐり
    ドイツと深い縁がある徳島県鳴門市大麻町。その縁は大正時代にさかのぼります。 当時は、世界の多くの国々を巻き込んだ人類史上初の大戦争“第一次世界大戦”の真っただ中…。 この戦いでドイツは日本に敗れ、多くのドイツ兵が捕虜となり、この地にあった『板東俘虜収容所(ばんどうふりょしゅうようしょ)』へ移送さました。 捕虜とはいえど、『板東俘虜収容所』での彼らの暮らしは自由で、文化・芸術活動が活発だったのだそう。 さらに収容所近辺に住んでいた日本人との交流も盛んで、大変仲も良かったのだとか。 松平健が主演を務め、2006年に公開された映画[バルトの楽園]は、『板東俘虜収容所』を題材にしており、この鳴門市がロケ地になりました。 今回は、そんな鳴門市にあるドイツゆかりの場所をご案内します。 ※写真提供:鳴門市ドイツ館

    続きを読む

  8. FEATURE.36
    徳島のいいところが
詰まったブルワリーの
クラフトビール
    徳島のいいところが 詰まったブルワリーの クラフトビール
    手頃な缶のビールもいいけれど、ブリュワリーのクラフトビールも魅力的! ここ数年、徳島産の果物やお茶の葉を使った地ビールを堪能できる場所が増えています。現地のタップルームで注ぎたてを味わうのも良し、お土産にして洒落たデザインのビンを思い出に残すのも良し。地域性を全面に打ち出したビールをぜひ味わってみてください。

    続きを読む

  9. FEATURE.35
    ポタリングだからこそ出逢える阿波市の“真”の魅力
    ポタリングだからこそ出逢える阿波市の“真”の魅力
    徳島県北西部に位置する阿波市。土御門(つちみかど)上皇終焉伝説の地である『御所(ごしょ)』、世界三大土柱として有名な『阿波の土柱』など、歴史・文化的にもメジャーなスポットがいっぱいです・・・が! 今回は、知る人ぞ知る阿波市の裏側をご紹介します。そう、ポタリングで。

    続きを読む

  10. FEATURE.34
    フォトジェニックスポットの宝庫
歴史ロマンを感じる
寺町界隈をぶらりさんぽ
    フォトジェニックスポットの宝庫 歴史ロマンを感じる 寺町界隈をぶらりさんぽ
    どの方向から見ても「眉」の形をしている眉山(びざん)。 その北麓にある寺町と大滝山周辺をご紹介♪ 御朱印やおみくじがかわいい&恋愛成就にご利益があるパワースポットや伝統ある老舗スイーツで、心も体もほっこり癒されますよ。徳島藩主・蜂須賀家や元ポルトガル神戸総領事モラエスゆかりの地など、歴史にもふれながらSNS映え抜群な散策コースをご案内します。

    続きを読む