特集

阿波の狸伝説がモチーフのスイーツ
たぬきのケーキを作ってみよう

「徳島阿波おどり空港」から車で7分「松茂スマートIC」から車で6分、バスターミナル「徳島とくとくターミナル」から車で4分のところにある『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』。徳島銘菓を製造・販売する『株式会社ハレルヤ』が運営するこちらの店舗では、できたてのお菓子が味わえるカフェのほか、お菓子作り体験や工場見学も楽しめます。今回は、旅の思い出になること間違いなし、たぬきのケーキ作り体験についてご紹介します。

アクティビティ お土産 観光スポット カフェ


“食べて、作って、ハッピーを届ける”ハレルヤスイーツキッチン

“食べて、作って、ハッピーを届ける”ハレルヤスイーツキッチン

「月に浮かれてポンポコポン♪金長まんじゅうおいちいね♪」徳島県民なら一度は聞いたことのある『ハレルヤ』のコマーシャルソング。
1937年に誕生した金長まんじゅうは、徳島の皆様に愛されて生誕83周年を迎えました。
季節の和菓子から洋菓子まで幅広いスイーツを製造・販売し、直営店舗『ハレルヤスイーツキッチン徳島駅クレメントプラザ店』、『徳島阿波おどり空港』内や『阿波おどり会館』内の物産店などで購入することができます。

『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』のスイーツは、「地産地消&スローフード」がコンセプト。地元の農家さんから直接買い付けた特産品の「なると金時」や「木頭柚子」を使った和洋菓子なども人気商品です。

歴史あるハレルヤスイーツキッチンで作る「たぬきのケーキ」

『ハレルヤ』が手がける洋菓子の看板商品が[たぬきのケーキ]。オレンジピールが入ったスポンジケーキをバタークリームやチョコレートなどでコーティングし、目と耳をつけて仕上げたスイーツです。こちらは昭和40年代に誕生して以来、半世紀に渡って徳島県民に愛されている逸品。手作業ゆえ一体ずつ表情が異なり、その愛らしい表情に、きゅん。食べるのがもったいなく感じてしまいます。

そんな可愛らしいたぬきのケーキ作り体験が『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』でできるんです!自分で作るオンリーワンのたぬきのケーキ。パティシエが作り方のコツを丁寧に教えてくれるので、お菓子作り初心者でも安心です。

手ぶらでOK!! 気軽にできるたぬきのケーキ作り体験とは

さまざまなお菓子が並ぶお店の奥にある体験ルームへ。準備してくれた手袋やエプロンを着けて…。たぬきのケーキ作りがいよいよ始まります。

『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』のパティシエが手順やコツを丁寧に説明してくれます。

「はじめに、土台となるたぬきの体や頭の部分を作っていきましょう」。

まずは台形のスポンジケーキをコーティングクリームにとぷん。取り出したら、乾くまで少し待って。次に、たぬきの頭になる部分を作ります。

使うのはハレルヤ特製のバタークリーム。

「ぷにゅっと出して、最後は力を抜きながらスッと引くとキレイなまんまる頭になりますよ」。

さて、たぬきの頭ができました!
「ここからの作業は手早く進めるのがポイントです」。

たっぷりのチョコレートを上からまんべんなくかけて。続いて、コーティング用のチョコが固まる前に鼻を作ります。ここが最大のヤマ場。

チョコレートとバタークリームを思いっきり指でつまんで、ぴゅっと手前に引きます。
「遠慮せずに、思いっきり引くといい形の鼻が出来上がります」。

アーモンドの耳をつけたら、完成間近!

「あ、見たことあるシルエット!!」
仕上げにバタークリームとチョコペンで目をつけたら・・・。たぬきケーキの完成です!!

「おぉ~!!できた~!!」

こちらの「たぬきのケーキ作り体験」は3日前までの事前予約制で、体験料金は1人800円(税込)。1名から予約可能です。開催曜日は水・土・日曜で、それぞれ1日2回制(11:00~11:50、15:30~16:20)で、コンロもナイフも使用しないので、小さな子ども(※対象:小学1年生から)でもとっても簡単に作れます。手ぶらでOKなので、気軽に参加してみてくださいね。

県外からの観光客の皆様もお持ち帰りできるよう、完成したケーキは持ち帰り用の箱に入れてもらえるので、自分のたぬきのケーキを自宅でゆっくり食べることができます。
さて、そのお味はいかに。
いざ実食!

「あ~食べるのもったいない…けど、いただきま~す!」


オレンジピールが入ったスポンジケーキが爽やかで、バタークリームと相性抜群! 食べやすい甘さで、ぺろりといただきました。ごちそうさまでした!

見どころ満載の館内も要チェック!

見どころ満載の館内も要チェック!

たぬきのケーキ作り体験だけでなく『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』は他にも見どころがたくさん!

全長120メートルの製造ラインを流れていく金長まんじゅうが目の前で見える「お菓子の小径(こみち)」。こちらは予約なしで見学ができ、しかも無料です。お菓子の裏側の世界をのぞいているようでワクワクしますよ。
壁面には『ハレルヤ』の歴史や、モチーフになっている「阿波の狸合戦」などを紹介したパネル展示になっていて、徳島銘菓のストーリーを知ることができます。

充実した販売コーナーも必見。和洋菓子のお土産やギフトなど豊富なラインナップでどれにしようか迷ってしまうこと必至です。
館内併設の『Blue note cafe(ブルーノートカフェ)』で、店内で販売されているケーキを食べながらゆったり過ごすのもいいですね。

Blue note cafe(ブルーノートカフェ)

Blue note cafe(ブルーノートカフェ)

Tel. 088-699-7611
ハレルヤスイーツキッチン内
営/10:00~17:00(16:30L.O.)
※ケーキ+ドリンクで500円(売り切れ次第終了)

お菓子の体験観光型施設・ハレルヤスイーツキッチンで楽しい思い出づくりを

お菓子の体験観光型施設・ハレルヤスイーツキッチンで楽しい思い出づくりを

徳島の人気商品の一つ、たぬきのケーキ作り、いかがでしたか?スイーツという切り口から、徳島の歴史や食文化を知ることができる『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』。愛らしい自分だけの「たぬきのケーキ作り体験」を通して、徳島の食文化に触れてみてくださいね。

Hallelujah Sweets Kitchen(ハレルヤスイーツキッチン)松茂本店

徳島県板野郡松茂町広島北川向四ノ越30
088-699-7611
営/9:30~17:30
休/無休※1/1は休
アクセス/「徳島阿波おどり空港」から車で7分「松茂スマートIC」から車で6分、バスターミナル「徳島とくとくターミナル」から車で4分