特集

海の幸あふれる小松島
「こまつしまみなと海鮮朝市」

海の幸あふれる小松島
「こまつしまみなと海鮮朝市」

徳島の東部中央に位置する小松島は、肥沃な平野と静かな海、
豊潤な水や澄んだ空気に恵まれた自然豊かな土地。
紀伊水道に面した海域は食材の宝庫であり、古くから漁業が盛んです。
小松島市役所の前にある小松島漁協では週5日、誰でも気軽に海産物を
買いに行ける朝市が人気です。

観光スポット グルメ 自然


いろんな種類の魚を、お手軽価格で

いろんな種類の魚を、お手軽価格で

水・日以外の毎朝8時、小松島漁協では「こまつしまみなと海鮮朝市」と銘打って
誰でも気軽に海産物を買いに行ける場所として市民に親しまれています。
8時前から市場前の駐車場に次々に車が入ってきます。
オープンと同時に本日の新鮮な魚を品定め。
とれたての魚がおどろきの安さで並んでいます。
メバル6匹1000円
サイズのいいカワハギが4匹で1100円
太いタチウオが4匹で1000円などなど

旬の美味しい魚が勢揃い

季節ごとの魚が水揚げされるので
毎日違う魚種が楽しめます。
また、一匹限りの丸々太ったシマアジや、
家庭ではあまり馴染みのないホウボウなど
ここでしか買えない魚を求めに行くのも漁協の朝市ならでは。

小松島市推奨の魚「ハモ」

小松島市推奨の魚「ハモ」

小松島市では、2010年からハモを「小松島市推奨の魚」として認定。
小松島の沖は、吉野川と那賀川の2つの一級河川が紀伊水道に流れ込み、海水に豊富な栄養分が含まれ、なだらかな砂泥質の海底は、良質な鱧が育つ最高の漁場となっています。
小松島産の鱧の特徴は、金色で綺麗な筋が通っており、脂が乗り肉厚で風味も豊か。
昔から高い評価を受け、京都をはじめ大阪、神戸の関西圏へ多く流通しています。

毎月第4土曜日は「みなと海鮮朝市プレミアム」として、マグロの解体ショーや、足赤海老の詰め放題など、季節ごとに違う、様々なイベントを催しています。
また限定の「こまつしま天丼」を食べられるブースが登場する回もあるので、
月末の海鮮朝市は要チェック!

買った魚をその場でおろしてもらえるサービスもあるので、気軽に立ち寄れる朝市としてオススメです!

_____________________
こまつしま みなと海鮮朝市
開催場所 小松島漁業協同組合
徳島県小松島市南小松島町1番15号
8:00〜10:00 定休/水・日
_____________________