特集

自然 記事一覧

  1. FEATURE.38
    大迫力の絶景にわくわく♪
世界最大級の“鳴門の渦潮”
    大迫力の絶景にわくわく♪ 世界最大級の“鳴門の渦潮”
    #アクティビティ #自然
    徳島で観光するなら外せないのが”鳴門の渦潮”。瀬戸内海と紀伊水道の干満の差によって発生する自然現象で、その流れの速さは大潮の最大時には時速20km以上にも及ぶこともあるのだとか。世界三大潮流とも呼ばれるほどの大迫力の景色を、船の上から、橋の上から…などさまざまな形で満喫してみよう。

    続きを読む

  2. FEATURE.35
    ポタリングだからこそ出逢える阿波市の“真”の魅力
    ポタリングだからこそ出逢える阿波市の“真”の魅力
    #アクティビティ # 観光スポット #自然
    徳島県北西部に位置する阿波市。土御門(つちみかど)上皇終焉伝説の地である『御所(ごしょ)』、世界三大土柱として有名な『阿波の土柱』など、歴史・文化的にもメジャーなスポットがいっぱいです・・・が! 今回は、知る人ぞ知る阿波市の裏側をご紹介します。そう、ポタリングで。

    続きを読む

  3. FEATURE.31
    知る人ぞ知るバス釣りのメッカ  
今切川で“主(ヌシ)釣り”に挑戦!
    知る人ぞ知るバス釣りのメッカ  今切川で“主(ヌシ)釣り”に挑戦!
    #アクティビティ #自然
    徳島県北部を横断するように流れる吉野川の下流域エリア。今切川(いまぎれがわ)と旧吉 野川に囲まれた三角州上にあるのが北島町です。古くは数多くの工場が立ち並ぶ工業の町として、現在は宅地開発や商業施設の建設が進みベッドタウンとして賑わいを見せています。そんな北島町の魅力を語るうえで、外せないのはやはり“川”。実はあることで今切川・旧吉野川が全国的に注目されているんです。それはズバリ、バス釣り! 剣山の肥沃な養分が流 れ込んだ吉野川にはエサとなる水生生物が豊富。大きなブラックバスが生息し、それらを狙う全国大会のローカル戦も開催されています。

    続きを読む

  4. FEATURE.30
    ファミリーで大満足! 山々に囲まれた上勝町で
“自然の遊び方”を学べる場所
    ファミリーで大満足! 山々に囲まれた上勝町で “自然の遊び方”を学べる場所
    #アクティビティ #自然
    徳島県の中央部に位置する上勝町。鳥のさえずりや川のせせらぎに、つい子どもの頃を思い出して懐かしくなる…。そんな環境で自然との遊び方を教えてくれるのが勝浦川沿いにあるキャンプ場『パンゲアフィールド』です。アウトドア初心者はもちろん、大人も子どもも楽しめるようにと、家族みんなで楽しめる工夫が随所に施されています。街中にはない自然とふれあえば、子どもたちだけでなく大人にとっても忘れられない時間が過ごせるはず。あの頃のワクワクをもう一度体感しに行きませんか?

    続きを読む

  5. FEATURE.27
    四国の玄関口・鳴門市で
大物を釣り上げよう! 鳴門鯛フィッシング
    四国の玄関口・鳴門市で 大物を釣り上げよう! 鳴門鯛フィッシング
    #アクティビティ # 観光スポット # グルメ #自然
    鳴門市は四国の東端にあり、鳴門海峡を隔てて淡路島の向かいにある四国の玄関口です。『大塚国際美術館』や『鳴門市ドイツ館』など、観光名所が多くあります。なかでも人気が高いのは鳴門海峡が生み出す絶景“渦潮”です。そんな渦潮で育った真鯛は鳴門鯛とよばれ、その豊かな味わいに非常に人気が高いのです! そんな鯛を食べるだけでなく、釣って楽しんでみませんか?

    続きを読む

  6. FEATURE.24
    みかんも熟成で美味しくなる!? 
春先に出回る貯蔵みかんってナニ?
    みかんも熟成で美味しくなる!? 春先に出回る貯蔵みかんってナニ?
    # お土産 # グルメ #自然
    みなさんは『貯蔵みかん』という言葉を聞いたことがありますか? 貯蔵みかんとは、収穫後すぐには出荷せずに、専用の蔵で数ヶ月貯蔵してから出荷されるみかんのこと。でも「なんで数ヶ月も貯蔵? なんの意味があるの?」って思いますよね。というわけで、今回は徳島を代表するみかんの産地・勝浦町でその秘密を探ってきましたよ!

    続きを読む

  7. FEATURE.17
    太古のロマンを感じる
勝浦町で恐竜観光
    太古のロマンを感じる 勝浦町で恐竜観光
    #自然 #歴史
    徳島県のみかん発祥の地で、農業が基幹産業の中山間地域・勝浦郡勝浦町では、1994年に1億2000万年~1億3000万年前に形成された白亜紀前期の地層・立川層の泥岩の中から恐竜・イグアノドンの歯の化石が発見されました。これを機に勝浦町では『NPO法人 阿波勝浦井戸端塾』のメンバーを中心に、恐竜にまつわる町おこしに取り組んでいます。マイナスイオンたっぷりのワイルドな自然を楽しめるだけじゃない、勝浦町の新たな魅力を見つけに行ってみませんか?

    続きを読む

  8. FEATURE.11
    花に呼ばれて天空へ
心のふるさと
徳島県吉野川市美郷
    花に呼ばれて天空へ 心のふるさと 徳島県吉野川市美郷
    # イベント # お土産 # 観光スポット # グルメ #自然
    春になると私たちの心をワクワクさせてくれる花。 徳島の山奥に、たくさんの人が訪れる花の名所があるのはご存知ですか? 人口わずか900人の地区に年間6万人の観光客が訪れるといいます。その地区の名は『美郷(みさと)』。文字通り、日本が世界に誇る『美しい故郷(ふるさと)』です。 美郷では、年間を通して自然を満喫できるイベントが目白押しです。梅の花まつり(2,3月)、桜まつり(3,4月)、芝桜まつり(4月)、ほたるまつり(5,6月)、川まつり(8,9月)、梅酒まつり(11月)、石積みライトアップ(12月)などなど。 徳島で生まれ育った私ですが、実はまだ美郷に行ったことはありませんでした。今回は4月1日から始まる「芝桜まつり」を前に、見どころを探しに行ってきました。さあ、どんな出会いが待っているでしょうか?期待に胸を膨らませて出発です。 文・藤井園苗(タクシードライバー)

    続きを読む

  9. FEATURE.7
    シーズンオフこそオススメ
冬の鳴門でアウトドアを楽しもう!
    シーズンオフこそオススメ 冬の鳴門でアウトドアを楽しもう!
    #アクティビティ # グルメ #自然
    昨年末の紅白歌合戦はご覧になりましたか? 徳島県出身の米津玄師さんがテレビで初めて生歌を披露して話題になりました。その舞台となったのが鳴門市にある大塚国際美術館。この放送以降、大塚国際美術館には米津さんが歌ったシスティーナ・ホールを一目見たいという人が数多く訪れ、ファンにとっては「聖地」となっているそうです。 鳴門に来たなら、渦潮と大塚国際美術館はぜひ見てもらいたいスポットです。 (広大な美術館をゆっくり楽しもうと思ったら、丸1日は十分にかかります!) そして時間が許すなら宿をとって、あと半日だけ鳴門を楽しんでください。大塚国際美術館のある大毛島(おおげじま)周辺は、美しい自然の中で海と共に生きてきた人々の暮らしをアウトドアスポーツを楽しみながら感じることができるスポットなんです。 今回ご紹介するのはシーカヤックとサイクリング。ゴールデンウィークから夏にかけては大人気で、たくさんの人が訪れています。でも、僕がオススメするなら絶対に11月から3月末までのオフシーズン。 その理由はこれからじっくりご説明します。 文・仁木啓介(映像クリエイター)

    続きを読む

  10. FEATURE.6
    水都とくしま母娘旅 
クルーズ船で人形浄瑠璃と藍染を巡る旅
    水都とくしま母娘旅 クルーズ船で人形浄瑠璃と藍染を巡る旅
    #アクティビティ # 観光スポット # 伝統・文化 #自然
    徳島といえば「阿波おどり」。 6年前、徳島に移住した時の僕は、そのくらいの認識しかありませんでした。確かに本場の阿波おどりの熱気と迫力には驚きました。徳島に来るなら、ぜひ一度は体験してもらいたいものです。 阿波おどりが徳島の『動』の伝統文化だとすれば、人形浄瑠璃と藍染は『静』の伝統文化です。 性格が天邪鬼な僕は、メジャーで人気のある阿波おどりよりも、一見地味でわかりにくい人形浄瑠璃と藍染に興味を持ちました。そして、映像制作の仕事を通して様々な人と出会い、関わる人々の熱狂を知りました。藍染や人形浄瑠璃という『静』の文化に注がれる人々の熱量は、『動』の阿波おどりにも負けないものがあります。僕はいつしかその虜になっていました。 今回僕が紹介したいのは、徳島の『静』の伝統文化、人形浄瑠璃と藍染です。知れば知るほど奥が深い世界なので全てをお伝えすることはできません。でも、たった半日でその魅力に触れ、実際に体験までできるツアーがあるんです。 それが「徳島じょうるりクルーズ」。船に乗って徳島の自然と伝統文化を巡る旅です。 この旅をきっかけに、徳島の藍染と人形浄瑠璃に少しでも興味を持ってもらえたらと思います。 文・川口泰吾(映像クリエイター)

    続きを読む