特集

お土産 記事一覧

  1. FEATURE.46
    Watanabes: A New Generation of Indigo Dyers Keeping the Tradition Fresh
    Watanabes: A New Generation of Indigo Dyers Keeping the Tradition Fresh
    # お土産 # アート・工芸 # 伝統・文化

    続きを読む

  2. FEATURE.36
    徳島のいいところが
詰まったブルワリーの
クラフトビール
    徳島のいいところが 詰まったブルワリーの クラフトビール
    # お土産 # グルメ
    手頃な缶のビールもいいけれど、ブリュワリーのクラフトビールも魅力的! ここ数年、徳島産の果物やお茶の葉を使った地ビールを堪能できる場所が増えています。現地のタップルームで注ぎたてを味わうのも良し、お土産にして洒落たデザインのビンを思い出に残すのも良し。地域性を全面に打ち出したビールをぜひ味わってみてください。

    続きを読む

  3. FEATURE.25
    阿波の狸伝説がモチーフのスイーツ
たぬきのケーキを作ってみよう
    阿波の狸伝説がモチーフのスイーツ たぬきのケーキを作ってみよう
    #アクティビティ # お土産 # 観光スポット # カフェ
    「徳島阿波おどり空港」から車で7分「松茂スマートIC」から車で6分、バスターミナル「徳島とくとくターミナル」から車で4分のところにある『ハレルヤスイーツキッチン松茂本店』。徳島銘菓を製造・販売する『株式会社ハレルヤ』が運営するこちらの店舗では、できたてのお菓子が味わえるカフェのほか、お菓子作り体験や工場見学も楽しめます。今回は、旅の思い出になること間違いなし、たぬきのケーキ作り体験についてご紹介します。

    続きを読む

  4. FEATURE.24
    みかんも熟成で美味しくなる!? 
春先に出回る貯蔵みかんってナニ?
    みかんも熟成で美味しくなる!? 春先に出回る貯蔵みかんってナニ?
    # お土産 # グルメ #自然
    みなさんは『貯蔵みかん』という言葉を聞いたことがありますか? 貯蔵みかんとは、収穫後すぐには出荷せずに、専用の蔵で数ヶ月貯蔵してから出荷されるみかんのこと。でも「なんで数ヶ月も貯蔵? なんの意味があるの?」って思いますよね。というわけで、今回は徳島を代表するみかんの産地・勝浦町でその秘密を探ってきましたよ!

    続きを読む

  5. FEATURE.23
    小松島に新しい特産品を開発せよ!
熱い想いのこもったお土産がぞくぞく登場
    小松島に新しい特産品を開発せよ! 熱い想いのこもったお土産がぞくぞく登場
    # お土産 # グルメ
    小松島市といえば東沿岸部にあり海からの恵みはもちろん、農業も盛んな徳島県有数の食材の宝庫。そんな小松島で今、市の商工観光課が主催する「売れる! 特産品づくり講座」が開催され、参加者の中から魅力的なお土産が誕生しているそうなんです! そこで今回その中から特にオススメ、「この商品はぜひ買ってみるべし」と思った商品を紹介しちゃいます。

    続きを読む

  6. FEATURE.20
    阿波市に新・ご当地グルメが誕生
世界一の辛さをご賞味あれ
    阿波市に新・ご当地グルメが誕生 世界一の辛さをご賞味あれ
    # お土産 # グルメ
    阿波市の新たなご当地グルメとして最近話題になりつつあるのが、2019年夏から販売されている[AWA Devil’s pepper]という調味料。なんと“世界一辛い”と称されるキャロライナ・リーパーを100%使用したスパイスなんです。この世界最辛のスパイスがたっぷり入った激辛カレーイベントも月イチで開催されています。激辛マニア必見の新フードをつくる生産者の声を伺ってきました。

    続きを読む

  7. FEATURE.19
    染めても食べても魅力
ヘルシー&栄養満点“藍フード”
    染めても食べても魅力 ヘルシー&栄養満点“藍フード”
    # お土産 # グルメ # 伝統・文化
    徳島の伝統工芸として名高い藍染め。 その深い藍の色と確かな品質で今もなお多くの人から支持されています。 徳島県内には藍染めを体験できる施設も多く、自分で染めたハンカチやTシャツは愛着もひとしお。使うほどに経年変化で風合いが変わり、長く愛用ができますよ。 そんな染料として使われるイメージの強い藍ですが、実は“食べる”こともできるんです! 栄養価が非常に高く、昔は解毒・解熱作用のある薬草として藍商人を中心に食べられていました。 最近では、生活習慣病に効果があるスーパーフードとして注目され、食用藍を使用した加工食品や藍の粉末を使って現代風にアレンジされた“藍フード”を楽しむことができます。 藍を染めるだけでなく、食べて楽しんでみませんか?

    続きを読む

  8. FEATURE.11
    花に呼ばれて天空へ
心のふるさと
徳島県吉野川市美郷
    花に呼ばれて天空へ 心のふるさと 徳島県吉野川市美郷
    # イベント # お土産 # 観光スポット # グルメ #自然
    春になると私たちの心をワクワクさせてくれる花。 徳島の山奥に、たくさんの人が訪れる花の名所があるのはご存知ですか? 人口わずか900人の地区に年間6万人の観光客が訪れるといいます。その地区の名は『美郷(みさと)』。文字通り、日本が世界に誇る『美しい故郷(ふるさと)』です。 美郷では、年間を通して自然を満喫できるイベントが目白押しです。梅の花まつり(2,3月)、桜まつり(3,4月)、芝桜まつり(4月)、ほたるまつり(5,6月)、川まつり(8,9月)、梅酒まつり(11月)、石積みライトアップ(12月)などなど。 徳島で生まれ育った私ですが、実はまだ美郷に行ったことはありませんでした。今回は4月1日から始まる「芝桜まつり」を前に、見どころを探しに行ってきました。さあ、どんな出会いが待っているでしょうか?期待に胸を膨らませて出発です。 文・藤井園苗(タクシードライバー)

    続きを読む

  9. FEATURE.10
    徳島コーヒー物語
情熱のロースターたち
    徳島コーヒー物語 情熱のロースターたち
    # お土産 # カフェ
    東京から徳島に移住して6年。僕の一日は一杯のコーヒーから始まります。 まずやかんにお湯を沸かし、手動のミルで豆を挽きます。お湯が沸いたら細口のコーヒーポットに移して、ネルドリップで丁寧に注ぎます。コーヒー豆がふわっと盛り上がり、キラキラとした泡と共に甘い香りが顔を包む。朝一番に「生きててよかった!」と感じる瞬間です。 コーヒーは僕にとってなくてはならないもの。だから週に一度、必ずコーヒー豆を買いに行きます。美味しいコーヒーを求めてカフェや喫茶店を回って驚きました。 「徳島のコーヒーは美味い!」 徳島にはコーヒーにただならぬ情熱を注ぐ、自家焙煎の素敵なお店がたくさんあるのです。 旅の途中、一息つきたくなったらぜひ訪れてみてください。 文・仁木啓介(Bar IRORI マスター)

    続きを読む

  10. FEATURE.9
    まだ知られざる麺がある
とくしま麺ロードの旅
    まだ知られざる麺がある とくしま麺ロードの旅
    # お土産 # グルメ
    6年前、徳島に移住して驚いたことがあります。それは徳島県民の麺に対する情熱。 徳島ラーメンはもちろんですが、県民のうどんに対する情熱も相当なものです。 県内各地に美味しいうどん屋があります。そして県民には、それぞれお気に入りのうどん屋があります。今回、始めはうどん屋だけで特集を組もうかと思ったのですが、徳島にはまだまだ知られざる麺がある!そんな名物麺もぜひ味わってもらいたい! とくしま麺ロードの旅へご案内します。 文・仁木啓介(Bar IRORI マスター)

    続きを読む