特集

甘くてジューシー!
鳴門で楽しめる旬の梨狩り

甘くてジューシー!
鳴門で楽しめる旬の梨狩り

夏から秋の味覚として知られ、大人から子どもまで大人気のフルーツ、梨(なし)。
スーパーや青果店で並びはじめるのを楽しみにしているファンも多いのではないでしょうか。
シャリシャリ食感とあふれる果汁がたまりませんよね!
せっかくならそのおいしさを、もぎたてで味わってみませんか?
真夏から暑さが和らぐ9月にかけての時期は、梨狩りのベストシーズン。
今回は徳島県鳴門市にある大人気の梨狩りスポットで、旬の果物の魅力と楽しさをたっぷり教えてもらいました。

アクティビティ お土産 観光スポット グルメ 自然


梨の収穫は、早ければ8月上旬からはじまって9月にピークを迎えます。
時期によって食べることができる品種は異なります。

8月上旬~9月上旬に収穫できるのが「幸水(こうすい)」。

 ※写真はイメージです
※写真はイメージです

みずみずしく果汁がたっぷり。シャキシャキと歯ざわりのよい食感がたまりません。さっぱりしていて、暑い時期に冷やした幸水を食べて夏バテ予防しているという梨ファンもいるのではないでしょうか。

8月下旬~9月中旬になると収穫できる「豊水(ほうすい)」は、幸水より実が大きめ。

特徴はなんといっても高い糖度。
しっかりとした甘みとほんのり酸味もあり、バランスのとれた濃厚な味わいで、これぞ梨!という旨みを堪能できます。豊水が一番!という人も多いのも納得できます。

9月上旬から下旬にかけて収穫できる「あきづき」。

小ぶりでまんまるとしたフォルムの梨です。
果汁が多めで果肉はシャリシャリとやわらか。
2001年に誕生した新品種で「幸水」のみずみずしさ、「豊水」の甘さを併せ持っていて、人気が急上昇中なんだそうです。

※各品種の収穫時期はあくまでも目安です。天候や栽培される地域によって変動する可能性もあります。

梨狩りでは、時期によって品種が変わる完熟の梨を思いきり味わえるのがポイントです。
収穫の直前まで木から栄養をたっぷりもらった梨は、甘みと香りがとっても強いそう。
これは行かないと!体験、、いや味わいたい!

ということでお邪魔したのは、鳴門市大津町にある『フルーツガーデン山形』さん。

毎年3月上旬からはじまる「いちご狩り」で有名な農園ですが、梨農園がはじまりなんだそうです。

案内してくれたのは、『フルーツガーデン山形』三代目の山形龍生さん。

事務所で受付をして、検温や手指消毒を済ませたら梨畑へ案内してくれます。

 ▲駐車場の横のスロープを下りると梨の木が見えてきます。
▲駐車場の横のスロープを下りると梨の木が見えてきます。

『フルーツガーデン山形』さんの梨畑は150アールの広さを誇ります。

 ▲170センチくらいの高さの木に、梨がたわわに実っています!木々のすき間から太陽の光が射し込んできます。涼しい風が吹いてくると、とっても心地よい~。
▲170センチくらいの高さの木に、梨がたわわに実っています!木々のすき間から太陽の光が射し込んできます。涼しい風が吹いてくると、とっても心地よい~。

梨はいちごやぶどうに比べて果肉がかたく、もぎとりやすいのが魅力。小さなお子さんでも気軽に収穫にチャレンジできますよ。

また、屋外で栽培されているのでハウスのように熱がこもらず収穫を楽しめるのもポイントです。

取材に行った8月下旬は、あきづきが食べ頃のシーズン。
おいしそうな梨があちこちに。テンションがあがります!

収穫エリアの説明を受けたら、さあいよいよ梨狩りのはじまり。

梨は、熟すにつれて果皮の色が濃くなっていきます。
「黄色や青っぽいものではなく、オレンジ色の実が食べごろですよ」と山形さん。

どれが熟した梨かなー?

これ、おいしそう!

もぎ取る梨を決めたら、下から実をしっかりと持ちましょう。
そのまま横から上へひねるように持ち上げたら…。

収穫完了!


力がほとんどいらないので、女性や子どもでも簡単に収穫できます。

収穫した梨は、早速その場でいただきましょう。

農園の中央に、テーブルとイスが備え付けてあります。こちらで召し上がれ。

まな板や包丁、お皿も無料でレンタルできます。つまり手ぶらでOK!

皮をむくとポタポタと果汁がしたたり落ちてきます。
ひとくち頬張ると、爽やかな香りが口いっぱいに広がります。

なんといっても甘みの強さにびっくり!

「これだけ甘くなるのは肥料にこだわっているからなんですよ」と山形さん。
秘密は地面にありました。

土の中に見える小さな白い物体、なんだかわかりますか?

実はこれ、牡蠣の貝殻なんです!

農薬を使わず、鳴門の海で獲れた牡蠣殻と天然の海藻エキスを独自の配合でブレンドし、
その他カツオのエキスや有機酸カルシウム肥料などを地面に散布しているんだそうです。

肥料で使う牡蠣殻。これを肥料に使っているのは珍しいですよね。

果樹栽培に最適な土地で、さらに安心安全な梨をたくさんの人に食べてほしい。
二代目の山形文吾さんがそんな思いで試行錯誤しながら編み出した独自の肥料は、地元・鳴門の活性化にも一役買っています。

梨狩り体験は60分間。その時間内は梨が食べ放題!
山形さんは「うちのは果汁もたっぷりなんで、大人でも豊水なら2・3個、あきづきなら5個くらい食べればお腹いっぱいになります」とにっこり。

60分間の食べ放題に、自分で収穫した梨・2玉のお土産付き。
満足&満喫!

畑のすぐそばに事前予約制のバーベキュースポットもあります。
梨狩りと一緒に楽しんでみてはいかがでしょう?

おいしい梨をいろんな人へのお土産にしたい!という人は、直売所へどうぞ。

贈答にぴったりの箱入りの梨や、自宅用にもおすすめの袋入りなど用途に合わせて購入できます(収穫や事前注文の数により、店頭にならぶ数が変わるので確実に購入したい場合は事前に連絡しておきましょう)。

ほか、ハウスで育てたオリジナルブランドのいちご「うずしおベリー」を使った加工品もそろいます。

こちらはジャム。パンでもヨーグルトでも、なんでも合います。

こちらは、アイスなの?プリンなの?スペイン発祥の新感覚冷え冷えスイーツ「うずしおベリーカタラーナ」。
底には真っ赤なベリーソースをたっぷり入れ、その上にマスカルポーネを加えたカスタードソースをそそぎ、カソナード(砂糖)をかけてこんがり炙っています。
上には角切りいちごをたっぷり30グラムトッピング。

厳選した素材を使い、丁寧に手作りしたスイーツは、今年の夏に登場したニューフェイスながら、早くもリピーターがつくほどの人気に!
オシャレな手土産にもなりますね。

こちらは毎週完売の大人気プリン「うずしおミルクプリン」。
カラメルの代わりに、うずしおベリーをふんだんに使ったベリーソースが入っています。
いちごの甘酸っぱさとミルキーなプリンがマッチ。ボトルもキュート♪

西麻布にある徳島フレンチ・レストラン『フレンチモンスター』とのコラボレーションスイーツ「うずしおベリーの生キャラメル」。
完全手作りのキャラメルで、バターのコクといちごの甘みと酸味のマリアージュがたまりません!

直売所の横にはカフェメニューがテイクアウトできるブースがあります。
梨狩りを体験しなくても利用でき、ここでしか食べられないスイーツやドリンクを目当てに足を運ぶ人も多いんだそう。

こちらは大人気のかき氷「シェイブアイス」!
[うずしおベリー]をフローズン果肉と蜜で味わうクールスイーツで、細かく軽い氷とクラッシュ果肉を層に盛り、自家製シロップがたっぷり。
自慢のいちごの味が生きた甘酸っぱく爽やかな風味がシンプルにおいしいんです!

こちらも人気のスムージー。左がいちご、右が梨のスムージーです。
厳しい残暑もおいしくクールに過ごせそう!梨狩りのあとに飲めばすっきりと気分爽快!

今回ナビゲートしてくれた山形龍生さん。
「お子さんも安心して食べられる梨を、家族やお友だちとたっぷり味わってみてください」!

ネコ店長も待ってます☆

こだわりの梨を思う存分楽しんでみてくださいね!

フルーツガーデン山形
徳島県鳴門市大津町大代645-1
TEL. 088-685-4721
営/10:00~15:00(最終受付)
休/無休(9月下旬くらいまで)
P/50台
料金/大人1,650円、3歳~小学生1,320円、3歳未満は無料
HP/http://fg-yamagata.jp/