特集

徳島でブレジャーを! 
新たな旅のスタイル TOKUSHIMA CITY

徳島でブレジャーを! 
新たな旅のスタイル TOKUSHIMA CITY

今話題のブレジャーって??
出張を仕事だけに終わらせない。
徳島市から新しい旅のカタチをご提案。

アクティビティ 観光スポット グルメ


ブレジャーとは?

ブレジャーとは?

ブレジャー(Bleisure)とは、仕事(Business)と余暇(Leisure)を組み合わせた造語。
簡単に言うと、「出張先等で滞在を延長して余暇を楽しむ」こと。
出張先で仕事を終えると、日帰りで帰社することが旧来の慣習でしたが、
海外のビジネスパーソンは出張ついでに現地の観光を楽しむことが定番になっているそう。

先に定着しつつある「ワーケーション」と同様、「ブレジャー」も、
観光庁が普及を目指しています。
ワーケーションはリゾート地や帰省先での休暇の合間に仕事をしますが、
ブレジャーは出張に休暇を追加して、出張先での休暇を楽しむカタチ。
ワーケーションは休暇がメインである一方、ブレジャーは仕事がメインです。

現在、徳島市では「もっと徳島でブレジャーを楽しんでほしい!」と、
ブレジャー費用の一部を助成する「新たな旅のスタイルTOKUSHIMA CITY」を実施しています。(徳島市での宿泊などの条件あり。事後申請可)
詳しくは、徳島市HPをご覧ください。
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/kankou/pr/aratanatabi.html

今回は、出張で徳島に来られ、ブレジャーを楽しんだ方を取材しました。

徳島ならではの体験

徳島ならではの体験

徳島合同証券株式会社で開催された、さわかみ投信による運用報告会2022にスタッフとして出張に来られた3名に取材を敢行。
徳島に出張経験のある森實さんと山本さん、初来徳の本(もと)さんに話を伺いました。

出張&サーフィン

出張&サーフィン

森實さんは会社がスポンサードする日本プロサーフィン連盟(JPSA)の大会の手伝いをするうちに、すっかりサーフィンの虜になったそう。
始業前に小松海岸を訪れた森實さん。
小松海岸は、徳島市中央部から15分程度にある、サーフィン人気スポット。
週末には関西方面からも多くのサーファーがやってきます。
この日はあいにくのフラットでしたが、市内からのアクセスの良さ、海水と砂浜の美しさに感銘を受けた森實さんは、次回はマイボード持参で、徳島の波に乗ってみたいそう。

出張&ゴルフ

出張&ゴルフ

東京出身の山本さんは、2回目の徳島。
ゴルフ部出身ということで、徳島のゴルフ場に興味津々。
市内から30分〜1時間程車で走れば10コース近くのゴルフ場があります。
この日は、徳島でゴルフが趣味の知り合いも出来たので、
次回は必ずラウンドしようと、さっそくオススメのゴルフコースを尋ねていました。

出張&サッカー観戦

出張&サッカー観戦

本(もと)さんは、石川県出身。
故郷のプロサッカーチーム、J2リーグ加盟のツエーゲン金沢の大ファン。
サッカーについても、仕事と同じく、熱量が高い。
同じJ2リーグの徳島ヴォルティスとの一戦が、徳島への出張のタイミングと合うことを願っているそう。

出張&地元の美味いもん

出張&地元の美味いもん

報告会場の上階にある道場ではフラメンコの練習の真っ只中。
徳島合同証券の泊(とまり)社長に誘われた3人も急遽レッスンに参加。
慣れないステップと見た目以上にハードな練習で3人はあっという間に汗だくに。
地元のダンサーと思わぬ交流を図れました。

気持ち良い汗をかいた後は、クラフトビールが飲めるレストランへ。
徳島の地元食材を利用した料理が楽しめる「麦酒工房 Awa新町川ブリュワリー」。
ボードウォーク沿いのテラスで気持ち良い風に吹かれながら、楽しい会話と徳島の海山川の美味いもんに舌鼓をうちました。

従来までの出張に対する考え方では、経験のできない体験。
ブレジャーというカルチャーが浸透することで、
会社員としても個人としても見識を深めることができ、同時に精神のリフレッシュにもなりえることを経営者が判断するようになる可能性も。
今回ブレジャーを試験的に取り入れた、さわかみ投信の代表澤上龍氏は以下のように語ってくれました。

弊社は、社員の福利厚生的な要素は一切持ち合わせておりません。
社員のモチベーションは本業にあり。
良い仕事をし、その後、その地で知り合った方々と地域を学ぶ。
かつて出張と言えば弾丸ツアーが当たり前だった弊社ですが、
最近だと時間と心の余裕をもって出張に臨むことで、仕事以上の
何かを得られることを体感しております。
それは次の仕事にもつながり、またその地との関係性を深めることにもつながります。


ブレジャーによって社員が何を持ち帰るか。ブレジャーを「余暇を楽しむ権利」
にするのではなく、「事業を広げるきっかけ」と会社・社員が目線を合わせられ
るならば、良い結果が得られるかもしれません。

最後に徳島とのつながりや徳島の良さについて尋ねてみました


徳島の方々は、温和な一方で想像以上に積極的な人間性をお持ちだと感じます。
私が出会った方々に限定されるのかもしれませんが、
ともあれ弊社の考える「長期投資で未来をゆたかにしよう」と
「お金を回して社会を明るくしよう」に共感し、行動いただける方々が多いように思います。
そういうこともあり、弊社では頻繁に徳島に訪れ、共に語る場を楽しんでおります。

新たな旅のスタイルTOKUSHIMA CITY

新たな旅のスタイルTOKUSHIMA CITY

徳島市に出張で訪れた方が、出張日の前後の日に徳島市内の宿泊施設で宿泊し
徳島県内のレジャー施設等を利用した場合、5,000円の助成が受けられます。
令和5年1月31日まで実施中!
徳島市に出張する方は、ぜひご利用ください!

詳細は徳島市HPでチェック
「新たな旅のスタイルTOKUSHIMACITY助成事業」
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/smph/kankou/pr/aratanatabi.html