特集

知る人ぞ知るバス釣りのメッカ 
今切川で“主(ヌシ)釣り”に挑戦!

徳島県北部を横断するように流れる吉野川の下流域エリア。今切川(いまぎれがわ)と旧吉 野川に囲まれた三角州上にあるのが北島町です。古くは数多くの工場が立ち並ぶ工業の町として、現在は宅地開発や商業施設の建設が進みベッドタウンとして賑わいを見せています。そんな北島町の魅力を語るうえで、外せないのはやはり“川”。実はあることで今切川・旧吉野川が全国的に注目されているんです。それはズバリ、バス釣り! 剣山の肥沃な養分が流 れ込んだ吉野川にはエサとなる水生生物が豊富。大きなブラックバスが生息し、それらを狙う全国大会のローカル戦も開催されています。

アクティビティ 自然


釣り具を持っていざ!

釣り具を持っていざ!

ブラックバスは北米の温帯地域が原産の淡水魚で、強い引きを持つことから釣り人に人気が高く、ルアーフィッシングの対象魚としてメジャーな存在。夏の暑い時期がもっとも活発に活動するタイミングですが、水温が上がりはじめた初春から産卵を控えた食欲旺盛なブラッ クバスを釣ることができます。ブラックバスが釣れるのは北島町南部を流れる吉野川水系の一級河川・今切川。川沿いの散歩道から大きく開けた河川敷に下りることができ、ここから川底に潜むバスを狙います。

ポイントはテトラポットの周辺!
ヌシを釣りあげることができるかも⁉

ポイントはテトラポットの周辺! 
ヌシを釣りあげることができるかも⁉

ブラックバスは水質が良い場所を好みます。狙い目は川の浸食を防止するために設置されているテトラポッド(消波ブロック)の周辺。テトラポッドに水が当たることで流れが複雑になり水通しが良くなっているほか、内部の日陰が絶好の住処となるのです。ヌシ級の大型のブラックバスもここに潜んでいる可能性が高いとか。

釣り糸をたらしてしばらくすると、早速アタリ! と言いたいところだったのですが、まず反応してくれたのは散歩途中の近所に住むお父さんたち。
「この川でよう釣りしよったわ~。昔はウナギなんかもとれてようおやつに食べよったんよ。最近は兄ちゃんみたいにバス狙いに来よる人ようけおる。よう肥えた “ヌシ”もおるけん、がんばりよ」。

夢のある話を聞いて、俄然やる気がアップ! 川底に住むブラックバスを狙うためにルアーを沈め、竿を小刻みに動かして本物の小魚のように動かします。
また、川が大きくカーブしているところには多くのテトラポットが設置されていたので、複数のポイントで狙っていきました。

しかし…! この日は2時間粘ってアタリ無し。
やはり水温が大きく影響するような ので、暖かくなってからリベンジしようと思います。ヌシなんですから一筋縄ではいきませんよね(笑)

条件さえ合えばこのようなブラックバスが釣りあげられます。

また、今切川・旧吉野川で釣りをしている方のなかで「巨大淡水魚・ソウギョを見た」「イケメン俳優を見かけた」という噂話が広がっているようで、こちらも調査してみる価値がありそうです。

全国から猛者が集まる
バス釣りの全国トーナメント

全国から猛者が集まる 
バス釣りの全国トーナメント

釣りあげられはしなかったものの、地元のお父さんたちが教えてくれたように、今切川・旧 吉野川にはたくさんのバスが生息しています。その証拠にこの地で​JB(日本バスプロ協会)主催する全国大会への出場をかけた、ローカル戦が開催されています。​ 『NBC 日本バスクラブ』という団体が主催するイベントで、名だたるバスプロが参戦しています。

モヤモヤした気持ちを
すっきりさせたい時は

モヤモヤした気持ちを 
すっきりさせたい時は

アタリが無くモヤモヤした気持ちのときは、河川敷のすぐ近くにある『北島水辺交流プラ ザ』に向かいましょう。
自動販売機やお手洗いを完備していることはもちろん、2階が休憩施設(アクアプラザ)になっていて、特産品を集めたイベントなどが開催されることもあります。
展望デッキもあり、こちらから今切川の流れを一望できるほか、ベンチに座ってまったりすることもできます。

「次は必ず、主(ヌシ)を釣りあげるぞ!」(心の声)

北島水辺交流プラザ
tel.088‐698‐9808(北島町役場建設課)
※アクアプラザの問い合わせは088‐698‐9806(北島町役場まちみらい課)

板野郡北島町高房字百居内
P/有
アクセス 徳島自動車道「松茂スマートIC」から車で20分