特集

伝統・文化 記事一覧

  1. FEATURE.99
    初詣に合格祈願、御朱印まで! 
徳島市「王子神社」へお詣りに行きました
    初詣に合格祈願、御朱印まで! 徳島市「王子神社」へお詣りに行きました
    # 観光スポット # 伝統・文化 #寺社仏閣 #歴史
    家内安全、安産祈願、合格祈願に縁結び。 いろいろな思いや願いがあるときに、人が足を運ぶのが神社。 徳島にもたくさんの神社が点在しています。 その中のひとつ、徳島市にある「王子神社」さんにお伺いしていろんなお話をお聞きしました。

    続きを読む

  2. FEATURE.97
    長く使う、愛するものを。
伝統の技で作る「大久保鍛冶屋」の手打ち刃物
    長く使う、愛するものを。 伝統の技で作る「大久保鍛冶屋」の手打ち刃物
    # お土産 # アート・工芸 # 伝統・文化
    台所に欠かせないアイテムのひとつ、包丁。 切れ味ひとつで料理の味が変わるとも言われる道具を、今でも残る数少ない鍛冶屋のひとつとして作っているのが勝浦町『大久保鍛冶屋』さんです。 それぞれの用途の包丁や鍬、ハサミなどを作るだけでなく、長く使い続けられるように修理も請け負っています。 現在も伝統的な技法を継承する鍛冶屋として使い捨てでない、大切に使い続けたい“道具”を提供している鍛冶屋としての誇り、そして想いをお聞きしました。

    続きを読む

  3. FEATURE.93
    手から伝わる木のぬくもり
『テーブル工房kiki』が生み出す癒しの時間
    手から伝わる木のぬくもり 『テーブル工房kiki』が生み出す癒しの時間
    # お土産 # アート・工芸 # 伝統・文化
    国土の3分の2を占める森林。 日本では生活の基盤となる住宅、生活道具、工芸品など、古くから木材を使ったモノが使われてきました。 「木にふれると安心する」という日本人が多いのは、木とともに暮らしてきた歴史が長いからかもしれません。 自身も職人としてモノづくりを行ってきた木村健治さんが考える“木の良さ”とは。お話を伺いました。

    続きを読む

  4. FEATURE.92
    器は語る。
唯一無二の表現を求める、上板町「青藍窯」
    器は語る。 唯一無二の表現を求める、上板町「青藍窯」
    # アート・工芸 # 伝統・文化
    日々の食卓に欠かせない陶器。 日本には古くから特色豊かな焼き物が各地域で作られています。 そんな焼き物の世界に魅せられ、日々製作に励む陶芸家が徳島県上板町にいます。 「自分自身を表現する作品を作るだけでなく、陶芸教室を通して幅広い人に焼き物の魅力を伝えたい」。 静かに、けれど熱く語る陶芸家・松下敏之さんに焼き物への思いや夢についてお話をお聞きしました。

    続きを読む

  5. FEATURE.91
    徳島の職人たちだから生み出せた
高度な技術の集大成「舞工房」
    徳島の職人たちだから生み出せた 高度な技術の集大成「舞工房」
    # アート・工芸 # 伝統・文化
    職人技-。 辞書でその言葉をひくと「熟達した職人のなせるわざ。 秀でた職人だからこそできる技。 職人芸。」と出てきます。 その言葉通りのものが、ここ徳島にあります。 『多田銘木塗装』代表・多田正義さんを中心とした職人グループ「舞工房」。 「徳島にしかできない本当に良いものを作る」ということをコンセプトに、さまざまな商品を開発・販売しています。 新型コロナウイルス感染拡大により、これまでのPR活動がままならない中でも新たな作品への挑戦を続けています。 そんな「舞工房」の歩みと、これからについて多田さんにお話をお聞きしました。

    続きを読む

  6. FEATURE.88
    地域の人の健康と伝統産業を守る。鳴門発のトレーニング足袋「ナルトレタビ」
    地域の人の健康と伝統産業を守る。鳴門発のトレーニング足袋「ナルトレタビ」
    # 伝統・文化
    今年7月、徳島県鳴門市から新しい商品が発売されました。 その名も「ナルトレタビ」! 屋内用トレーニングに活用できる足袋という画期的なアイテムには、子どもから高齢者まで幅広い世代の健康づくりに役立てるとともに、地場産業の振興につなげるという目的も詰まっているのです。 鳴門市の足袋の歴史、「ナルトレタビ」の取り組みについてお話を聞きました。

    続きを読む

  7. FEATURE.86
    アスリートを勝利へと導いた、メイドイン徳島のSWANSサングラス
    アスリートを勝利へと導いた、メイドイン徳島のSWANSサングラス
    # 伝統・文化
    17日間にわたって開催され、世界のトップアスリートたちによる熱戦が繰り広げられた東京五輪。 メダルラッシュに日本中が沸いた中、一人のアスリートが着用していたことによって一気に注目を集めたアイテムがあります。 そして、それはなんと徳島県で作られたものだったのです! 卓球・水谷隼選手の勝利を影で支えたものとは? それはどのような経緯で作られたものなのか? 製造した『山本光学株式会社』さんにお話をお聞きしました。

    続きを読む

  8. FEATURE.82
    2021年。高校生たちの阿波おどり。
    2021年。高校生たちの阿波おどり。
    # 伝統・文化 #歴史
    日程の縮小、屋内施設のみなど条件はあるものの開催決定が発表された2021年の徳島市阿波おどり。 主要な2協会に所属する有名連に加え、特別出演枠として選抜阿波おどりで4校の学生連の参加が決定しました。 徳島県立徳島商業高校による「徳商連」もそのひとつ。 新型コロナに翻弄されながらも、この夏の阿波おどりにかけて練習を続けてきた高校生のみなさんに現在の心境を語ってもらいました。 (※取材は7月上旬に行いました)

    続きを読む

  9. FEATURE.81
    ぞめきが響く、徳島の夏が帰ってきた。
    ぞめきが響く、徳島の夏が帰ってきた。
    # 伝統・文化 #歴史
    400年の歴史を持ち、世界にもその名を知られた阿波おどり。 徳島市では毎年8月12日から15日まで4日間にわたり阿波おどりが開催され、期間中は中心街一円が“ぞめき”と呼ばれるお囃子が鳴り響き、興奮のるつぼと化します。 2020年、新型コロナウイルスの影響により戦後初めて開催中止が決まりました。 そして今年。あわぎんホールでの前夜祭と選抜阿波おどりだけという条件で「ニューノーマル阿波おどり」が開催されることとなりました。 2020年の中止について、そして2年ぶりの阿波おどりに向けて。 徳島を代表する阿波おどり連のひとつ「阿呆連(あほうれん)」さんの練習にお邪魔して話をお聞きしました。 (※取材は6月中旬に行いました)

    続きを読む

  10. FEATURE.76
    「アフターコロナの地域活性化はロングトレイル」
日本ロングトレイル協会・中村代表理事特別講演
    「アフターコロナの地域活性化はロングトレイル」 日本ロングトレイル協会・中村代表理事特別講演
    #アクティビティ # イベント # 伝統・文化 #寺社仏閣 #自然 #歴史 #トレイル
    『HIKE! TOKUHSHIMA』プロジェクトは、イーストとくしま観光推進機構がWith/Afterコロナ時代において、世界のツーリズム史上を牽引するだろうと注目が高まっている「アドベンチャー・ツーリズム」に対応した取り組みを推進する一環として始まりました。 2021年3月22日に開催した令和2年度成果報告会では、設立3周年の節目を迎えこれまでの事業報告のほか、基調講演では『HIKE!TOKUSHIMA』関連イベントの幕開けにこれ以上ふさわしい方はないと特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会の中村達代表理事をお招きしました。 中村先生の特別講演、「アフターコロナの地域活性化はロングトレイル」。その一部を抜粋してご紹介します。

    続きを読む