特集

伝統・文化 記事一覧

  1. FEATURE.74
    始動。「HIKE!TOKUSHIMA」プロジェクト
    始動。「HIKE!TOKUSHIMA」プロジェクト
    #アクティビティ # 観光スポット # 伝統・文化 #寺社仏閣 #自然 #歴史
    徳島県は山の国。県の面積の約8割は山地です。 イーストとくしま観光推進機構は「HIKE! TOKUSHIMA(ハイク!トクシマ)」と名付けた 新たなプロジェクトを始めました。

    続きを読む

  2. FEATURE.68
    イーストとくしまが今面白い!藍染と手漉き和紙体験、藍料理に絶景ホテルも
    イーストとくしまが今面白い!藍染と手漉き和紙体験、藍料理に絶景ホテルも
    #アクティビティ # イベント # 観光スポット # グルメ # アート・工芸 # 伝統・文化

    続きを読む

  3. FEATURE.58
    「田中家住宅」
阿波の藍商人の隆盛を今に伝える
    「田中家住宅」 阿波の藍商人の隆盛を今に伝える
    # 観光スポット # 伝統・文化 #歴史
    田中家住宅は吉野川の南岸、石井町の平野部に位置する藍商の家。 寛永(1624〜1643)頃に入植して以来、代々、藍染の原料になるスクモや藍玉を製造販売していたそう。 しかし、毎年の吉野川の氾濫で被害を受けるため(以前の家は二度流されたそう)、1853年から1887年まで30年以上の歳月を費やして、洪水被害に強い藍商の建物を完成させました。

    続きを読む

  4. FEATURE.57
    瞑想の先に訪れる静寂
建治寺の滝行
    瞑想の先に訪れる静寂 建治寺の滝行
    #アクティビティ # 伝統・文化 #寺社仏閣 #自然
    徳島市入田町にある大瀧山建治寺は四国八十八ヶ所霊場12番札所の焼山寺から 13番の大日寺に向かう遍路道の途中にあります。 舗装された道路を使う遍路道もありますが、登山道になっている建治寺を通るルートは より自然と歴史を感じることができます。 その際には、建治寺に立ち寄って滝行を体験することをオススメします。

    続きを読む

  5. FEATURE.52
    藍よしのがわトロッコ 
~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅
    藍よしのがわトロッコ  ~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅
    #アクティビティ # お土産 # グルメ # 伝統・文化 #自然 #歴史
    JR四国の新たなトロッコ列車、「藍よしのがわトロッコ」。 吉野川が育んだ「さとめぐみの風」を感じる列車の旅に出発します。

    続きを読む

  6. FEATURE.51
    ぶらっと徒歩で行く鳴門大麻散策
    ぶらっと徒歩で行く鳴門大麻散策
    # イベント # お土産 # カフェ # 伝統・文化 #寺社仏閣 #歴史
    徒歩で行くから楽しめる。 駅から徒歩10分圏内でも楽しめる。

    続きを読む

  7. FEATURE.50
    フィルムツーリズム~映画でまちづくり
    フィルムツーリズム~映画でまちづくり
    # 観光スポット # アート・工芸 # 伝統・文化
    ロケ地巡り・聖地巡礼で地域を活性化。 映画の舞台になることが町おこしに繋がる可能性を秘めています。

    続きを読む

  8. FEATURE.49
    藍づくりで賑わった
阿波藍のふるさと石井町を訪ねる
    藍づくりで賑わった 阿波藍のふるさと石井町を訪ねる
    #アクティビティ # 観光スポット # グルメ # 伝統・文化 #寺社仏閣 #歴史
    吉野川流域にある石井町は「藍」で栄えた町のひとつ。 当時の華やぎをうかがわせる立派な藍屋敷が現在も残っています。 今回は田園風景広がる石井町を探訪しながら、「藍」の歴史と今に触れていきます。

    続きを読む

  9. FEATURE.48
    お土産屋さんでは出会えない!?
小松島で愛されるローカルフードを求めて
    お土産屋さんでは出会えない!? 小松島で愛されるローカルフードを求めて
    # グルメ # カフェ # 伝統・文化 #寺社仏閣 #歴史
    農業も漁業も盛んな小松島市に訪れたなら、地元の新鮮な農産品やオリジナルの加工品が揃うファーマーズマーケットへGO! お土産屋さんには並ばない“徳島のうまいもん”との出会いが待っています。 お買い物の後は、近くにある四国霊場第十九番札所「立江寺」へぜひ。 本堂の絵天井は一見の価値あり。

    続きを読む

  10. FEATURE.46
    阿波の芸処「富街」で伝統文化を守り伝える
    阿波の芸処「富街」で伝統文化を守り伝える
    #バー・ナイトライフ # 伝統・文化 #歴史
    徳島で唯一内芸妓がお迎えをする富田町の「料亭しまだ」 富田町は、かつて富街(ふうがい)と呼ばれ藍産業関連の顧客をもてなす料亭が建ち並び芸姑文化が盛んでした。 明治になって芸姑検番(芸姑と料亭を結ぶ仲介所のようなものであり、芸姑のお稽古事を行う場所)が作られ、この街の料亭と置屋を結ぶシステムが確立し、四国を代表する歓楽街として成長しました。 富街の芸者衆はごく普通の家庭の娘たちがほとんどで、幼い頃から芸を磨き、その得意とする芸を持って生業としました。 それ故に芸者としての誇りを持って花街を闊歩する心意気の良さが富街芸者にはありました。

    続きを読む