特集

伝統・文化 記事一覧

  1. FEATURE.86
    アスリートを勝利へと導いた、メイドイン徳島のSWANSサングラス
    アスリートを勝利へと導いた、メイドイン徳島のSWANSサングラス
    # 伝統・文化
    17日間にわたって開催され、世界のトップアスリートたちによる熱戦が繰り広げられた東京五輪。 メダルラッシュに日本中が沸いた中、一人のアスリートが着用していたことによって一気に注目を集めたアイテムがあります。 そして、それはなんと徳島県で作られたものだったのです! 卓球・水谷隼選手の勝利を影で支えたものとは? それはどのような経緯で作られたものなのか? 製造した『山本光学株式会社』さんにお話をお聞きしました。

    続きを読む

  2. FEATURE.82
    2021年。高校生たちの阿波おどり。
    2021年。高校生たちの阿波おどり。
    # 伝統・文化 #歴史
    日程の縮小、屋内施設のみなど条件はあるものの開催決定が発表された2021年の徳島市阿波おどり。 主要な2協会に所属する有名連に加え、特別出演枠として選抜阿波おどりで4校の学生連の参加が決定しました。 徳島県立徳島商業高校による「徳商連」もそのひとつ。 新型コロナに翻弄されながらも、この夏の阿波おどりにかけて練習を続けてきた高校生のみなさんに現在の心境を語ってもらいました。 (※取材は7月上旬に行いました)

    続きを読む

  3. FEATURE.81
    ぞめきが響く、徳島の夏が帰ってきた。
    ぞめきが響く、徳島の夏が帰ってきた。
    # 伝統・文化 #歴史
    400年の歴史を持ち、世界にもその名を知られた阿波おどり。 徳島市では毎年8月12日から15日まで4日間にわたり阿波おどりが開催され、期間中は中心街一円が“ぞめき”と呼ばれるお囃子が鳴り響き、興奮のるつぼと化します。 2020年、新型コロナウイルスの影響により戦後初めて開催中止が決まりました。 そして今年。あわぎんホールでの前夜祭と選抜阿波おどりだけという条件で「ニューノーマル阿波おどり」が開催されることとなりました。 2020年の中止について、そして2年ぶりの阿波おどりに向けて。 徳島を代表する阿波おどり連のひとつ「阿呆連(あほうれん)」さんの練習にお邪魔して話をお聞きしました。 (※取材は6月中旬に行いました)

    続きを読む

  4. FEATURE.76
    「アフターコロナの地域活性化はロングトレイル」
日本ロングトレイル協会・中村代表理事特別講演
    「アフターコロナの地域活性化はロングトレイル」 日本ロングトレイル協会・中村代表理事特別講演
    #アクティビティ # イベント # 伝統・文化 #寺社仏閣 #自然 #歴史 #トレイル
    『HIKE! TOKUHSHIMA』プロジェクトは、イーストとくしま観光推進機構がWith/Afterコロナ時代において、世界のツーリズム史上を牽引するだろうと注目が高まっている「アドベンチャー・ツーリズム」に対応した取り組みを推進する一環として始まりました。 2021年3月22日に開催した令和2年度成果報告会では、設立3周年の節目を迎えこれまでの事業報告のほか、基調講演では『HIKE!TOKUSHIMA』関連イベントの幕開けにこれ以上ふさわしい方はないと特定非営利活動法人日本ロングトレイル協会の中村達代表理事をお招きしました。 中村先生の特別講演、「アフターコロナの地域活性化はロングトレイル」。その一部を抜粋してご紹介します。

    続きを読む

  5. FEATURE.74
    始動。「HIKE!TOKUSHIMA」プロジェクト
    始動。「HIKE!TOKUSHIMA」プロジェクト
    #アクティビティ # 観光スポット # 伝統・文化 #寺社仏閣 #自然 #歴史 #トレイル
    徳島県は山の国。県の面積の約8割は山地です。 イーストとくしま観光推進機構は「HIKE! TOKUSHIMA(ハイク!トクシマ)」と名付けた 新たなプロジェクトを始めました。

    続きを読む

  6. FEATURE.68
    イーストとくしまが今面白い!藍染と手漉き和紙体験、藍料理に絶景ホテルも
    イーストとくしまが今面白い!藍染と手漉き和紙体験、藍料理に絶景ホテルも
    #アクティビティ # イベント # 観光スポット # グルメ # アート・工芸 # 伝統・文化

    続きを読む

  7. FEATURE.58
    「田中家住宅」
阿波の藍商人の隆盛を今に伝える
    「田中家住宅」 阿波の藍商人の隆盛を今に伝える
    # 観光スポット # 伝統・文化 #歴史
    田中家住宅は吉野川の南岸、石井町の平野部に位置する藍商の家。 寛永(1624〜1643)頃に入植して以来、代々、藍染の原料になるスクモや藍玉を製造販売していたそう。 しかし、毎年の吉野川の氾濫で被害を受けるため(以前の家は二度流されたそう)、1853年から1887年まで30年以上の歳月を費やして、洪水被害に強い藍商の建物を完成させました。

    続きを読む

  8. FEATURE.57
    瞑想の先に訪れる静寂
建治寺の滝行
    瞑想の先に訪れる静寂 建治寺の滝行
    #アクティビティ # 伝統・文化 #寺社仏閣 #自然 #トレイル
    徳島市入田町にある大瀧山建治寺は四国八十八ヶ所霊場12番札所の焼山寺から 13番の大日寺に向かう遍路道の途中にあります。 舗装された道路を使う遍路道もありますが、登山道になっている建治寺を通るルートは より自然と歴史を感じることができます。 その際には、建治寺に立ち寄って滝行を体験することをオススメします。

    続きを読む

  9. FEATURE.52
    藍よしのがわトロッコ 
~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅
    藍よしのがわトロッコ  ~「さとめぐみの風」を感じる列車の旅
    #アクティビティ # お土産 # グルメ # 伝統・文化 #自然 #歴史
    JR四国の新たなトロッコ列車、「藍よしのがわトロッコ」。 吉野川が育んだ「さとめぐみの風」を感じる列車の旅に出発します。

    続きを読む

  10. FEATURE.51
    ぶらっと徒歩で行く鳴門大麻散策
    ぶらっと徒歩で行く鳴門大麻散策
    # イベント # お土産 # カフェ # 伝統・文化 #寺社仏閣 #歴史
    徒歩で行くから楽しめる。 駅から徒歩10分圏内でも楽しめる。

    続きを読む