特集

スリル満点の眺望!
世界三大奇勝・阿波の土柱でハイキング

さまざまな気象条件や環境的な条件が重なることで、つくりあげられる独特な地形や風景。徳島県内の各地にそんな自然が生み出した奇跡的な景観が多数存在します。なかでも徳島市内から車で約45分の阿波市には、世界的にも珍しい地形・土柱があるのをご存知でしょうか? 光の当たり具合で違った表情を見せるゴツゴツと波打ったような斜面は、長い時間をかけてつくりあげられた、まさに自然が生み出したアート作品! 今も少しずつ姿を変えている土柱の頂上に続くハイキングコースを登って頂上からの景色も味わってみましょう。


阿波市の観光スポットといえばここ

阿波市の代名詞とも言える『阿波の土柱』。阿讃山脈から流れ出た土砂が堆積してできた土地が地震活動により隆起し、その一部が長い年月をかけて削られ形成されました。幾多の土の柱が並びカーテンのひだのように波打っている姿は、自然が作り出した芸術品であると言えます。周辺に数か所ある土柱の中でも最も大きく見学しやすいのは「波濤嶽(はとうがたけ)」。国の天然記念物に指定されており、多くの人が足を運んでいます。

自然が織りなす神秘を見逃すな

アメリカのロッキー山脈、イタリアのチロル地方の土柱とならんで世界三大奇勝とされている『阿波の土柱』。世界的にも珍しい地形であり、多くの人でにぎわいを見せています。土柱の形成は約100万年前の地殻変動や浸食などのダイナミックな自然の変動によるもの。その大地のドラマを目にすると思わず息を飲んでしまいます。土柱の最大の魅力はなんと言っても「変化し続ける」天然記念物であること。日々姿を変える土柱たちの今しか見られない貴重な姿は一見の価値ありです!

土柱はこんなにも見どころが!
土柱のいろんな姿を楽しんで

土柱の周囲にはハイキングコースがあり、道中では四季折々の草木や野鳥のさえずりに心が和みます。
まずはゆるやかな坂からスタートです。生い茂る木々には木札がかかっているものもあり、名前を覚えながら登っていくのも楽しいですよ! また古くから多くの文化人に愛されてきた『阿波の土柱』。これまでに訪れた文化人にちなんだ句碑や歌碑なども設置されているので、その繊細で豊かな感性にぜひ注目してみてください。

また登坂途中に見える土柱の姿にも注目。特に西の方角から見える姿が美しいと言われているのでお見逃しなく! ツウな人は自分のお気に入りの姿を見つけてみてもいいかもしれませんね。

20分ほどでコース頂上に到着。正面には霊峰高越山、東には眉山と徳島市街、西には剣山連峰が。四国山地の雄大な眺めに疲れが一気に吹き飛びます。

展望台で眺めを楽しんだあとは波濤嶽へ。通常は下から見上げることが多い土柱ですが、このハイキングコースでは上から土柱を見下ろすという貴重な体験ができます。土柱頂上からの景色はスリル満点!!足元に十分注意して崖のギリギリのところから下をのぞいてみて。

また土柱は時間によってみせる姿が変化。西から陽が当たる午後は土の柱が影になってより壮大さを感じさせ、夜のライトアップでは幻想的な世界が広がります。(ライトアップ時間:5月~8月は日没から22時まで、9月~4月は日没から21時まで)

土柱の説明などをしてくれるボランティアガイドもいます。

「土柱ボランティアガイドの会」の中には、元教員、元市役所職員、地元観光ホテル代表者、添乗員経験者、阿波市議、その他阿波市民など14名で構成。中には地質学専攻者もいるのだとか。

ガイド活動に参加している三木さんは、地元の観光ホテルの方が、土柱を訪れる方に、土柱が世界や日本に誇る自然現象であることを知ってもらおうと観光案内をする熱意に感動したので、案内に協力することにしたのだそう。

そんな個性豊かなガイドさんの説明を受けながら眺める土柱は、また違った魅力を感じるかも!
ガイドによる案内を希望の方は、3日前までに阿波市観光協会の土柱ボランティアガイドの会事務局(0883-35-4211)でご予約ください。1団体あたり、展望台コース500円、ハイキングコース1,000円。

可愛いがつまったカフェでゆったりひと休み

土柱ハイキングでお腹が空いたら『スプーンカフェ』でひと休み。

雰囲気のあるガーデンが目印のこちらのカフェには外観、店内いたるところにこだわりが。ゆっくりくつろいでもらえるようにと店内の雰囲気には特にこだわっているのだそう。

もちろん可愛いのはお店だけではありません! こちらで提供しているスイーツは見るのも楽しい、食べても美味しい逸品。中でもワッフルの方にパンの生地を流し込んだ「パンフル」はふわふわもちもちで、その独特の食感に多くの人が魅了されているんだとか。

季節に合わせてトッピングも変更し、いつ来ても楽しんでもらえるようにと工夫を凝らしています。仕入れによっては阿波市の食材を使用することも。そのほか食べ応えもばっちりなランチなどのメニューも取り揃えていますよ。可愛い店内、色鮮やかな絶品スイーツ…。疲れがとれないわけがない!

阿波の土柱
電話/0883-35-4211(阿波市観光協会)
住所/徳島県阿波市阿波町桜ノ岡
P/有
アクセス/徳島自動車道「脇町IC」から車で10分、「土成IC」から車で25分、徳島自動車道「阿波PA」から徒歩で10分、JR徳島線「阿波山川駅」から車で15分、JR徳島線「穴吹駅」から車で15分

スプーンカフェ
電話/0883-35-7467
住所/徳島県阿波市阿波町中坪342-9
営/11:00〜16:00(LO15:30)
休/水曜・第1第3火曜
P/あり
アクセス/「阿波の土柱」から車で10分